2017年10月8日(日)に、「世界遺産Special LIVE-興福寺-中金堂再建記念”Kalafina with Strings”」ライブ@奈良に行ってきました!

正直片道2時間は遠い・・けど頑張った・・!!笑

そしてチケットが当たったことは奇跡・・!

そしてまさかの、正面前から3列目・・・!

姫たちのネイルの色までハッキリ確認できました・・!

いつもチケットを取ってくれる、とってもくじ運のいい友人に感謝!!

 Kalafina “9+ONE”5月3日公演@大阪フェスティバルホールのライブレポはこちら♪

 

今回のライブは、日光東照宮でのライブに続く、世界遺産スペシャルライブの関西篇です。

もう本当に素敵でした~!!

興福寺の東金堂と五重塔を背にしたスペシャル野外ステージ。

本当に厳かな雰囲気で、静けさと荘厳さを感じました。

Kalafinaのライブといえば、客層がめちゃくちゃ広く、老若男女すべての種類のひとたちが集まっているのが特徴です!

今回も、女子の複数のグループやら、オタク風の男性お一人様、年配の方など多種多様な人たちが揃っていました。

ここから、参戦できなかった方のために「世界遺産Special LIVE-興福寺-中金堂再建記念”Kalafina with Strings”」のセットリスト(セトリ)・曲順・ライブレポをかいていきたいと思います!

スポンサーリンク


世界遺産Special LIVE-興福寺-セトリ・曲順!10月8日@奈良・興福寺

Kalafina

まずは、世界遺産Special LIVE-興福寺-、10月8日@奈良公演のセットリスト(セトリ)とMCの箇所も含めた曲順です!

  1、storia

  2、未来

  MC-1

  3、Fairy tale

  4、満天

  5、Symphonia

  MC-2

        6、百火撩乱

  7、とんぼ

  8、far on the water

        MC-3

  9、sand piper

  10、Magia

  11、5月の魔法

  12 、夢の大地

  MC-4

  13、into the world

  本編終了・アンコール

  MC-5   

  14、やさしいうた

今回は本当にスペシャルなセットリストになっていました!

アルバムの最後の曲をたくさん歌われていて、珍しいなぁ~と思いました。

世界遺産Special LIVE-興福寺-曲順とレポート!10月8日@奈良・興福寺

Kalafina

今回は野外、しかも夜ということでいつものホールや会場とはまったく別の雰囲気でした。

寒かったら困るなぁと思っていたんですが、本当に暖かくて時折風も吹いてちょうどよい気候でした。

姫たちも薄着なので心配でしたが、そこまで寒くはなかったんじゃないかと思いました。

スカートが風に揺れるのがとっても素敵で、野外の良さを堪能できた1時間半でした!

曲順にあわせて、ライブレポートを書いていきます!

 

  1、storia

  2、未来

  MC-1

舞台から一番前の席は、本当に2,3mとかそれくらいの距離に思えました。

とっても客席から近く、舞台もそれほど高くなかったので座っていても十分姫たちのお姿を拝むことができました!

まるで能楽堂のような花道が作ってあり、舞台向かって左側からはまず、ピアノの桜田さんとストリングスの4人が登場。

そのあとにしずしずと登場するWakanaさん、Keikoさん、Hikaruさん。

衣装は全員白で、Wakanaさんは少し肩のところが空いたデザインの白のシースルーの長袖に、膝丈のスカート。

膝丈のスカートの上にまとうように引きずるほどに長い、ロングスカート。

Kalafinaには定番の衣装ですね~。

歩く時に裾を踏んで転ばないように気をつけて~!

ロングスカートが風で揺れるとちらりと脚が見えるようなデザインで、珍しく白の低めのハイヒールでした。

ネイルがブルーにキラキラと光って素敵でした♪

Wakanaさんはこのスタイルが本当に似合われます!

Keikoさんは、白の五分袖のシースルーに、安定のミニ丈スカート。

同じように、その上からロングスカートをまとって脚がチラ見えです!

白のデザインネイルに、白のヒールのあるショートブーツ。

けいちゃんといえばブーツです!!

Hikaruさんは、白の半袖に二の腕がチラッとみえるようなデザイン袖に、Wakanaさんと同じくらいの丈のスカート。

ひーちゃんは、半袖とか袖なしとか、袖が短いイメージがあります。笑

ほっそい二の腕が羨ましすぎる!!

Hikaruさんは一番遠かったのでわかりづらかったですが、赤・オレンジ系のネイルのように見えました。

足の甲のところが空いていて足が見えるようなデザインの素敵な白のショートブーツ。

MC-1の内容は、自己紹介と今回のライブについて軽く。

MC中にWakanaさん側からスモークが焚かれたのですが、みるみるうちに真っ白になってしまい、むせるけいちゃん。笑

喉がやられちゃう~やめたげて~TT(笑

ちょっと量が多すぎました。笑

私たち観客の後ろ、姫たちの正面の東金堂の、普段はしまっている戸が少し開けられていて、薬師如来像が一部見えるという話。笑

静かになると虫の音が聞こえて、幻想的な秋の雰囲気が味わえるというひーちゃん。

そんな歌っているときのひーちゃんの周りには、蛾のような虫が飛び交っていたんですが、ひーちゃんは「虫が遊びに来てくれる」と表現。

振り付けにみせてキレイにかわすそうです!笑

  3、Fairy tale

  4、満天

  5、Symphonia

  MC-2

Fairy taleと満天は、なんだか久しぶりに聞いたような気がしました。

ストリングスのアレンジはやっぱり素敵です!

Wakana「人のおもいが降り積もり、っていう歌詞があるじゃないですか。」

あれ?そういう歌詞だっけ??

わーちゃん、間違えてるよっ!笑

Wakana「(焦りながら)あれっ?(ひーちゃんと一緒に)ひ~と~の~お~も~い~が~、は~な~さ~き~、ふ~り~つ~も~り~♪ だね♪」

思わずみんな笑っちゃった瞬間です。笑

と、一生懸命はなすWakanaさんの背後にそっと忍び寄るけいちゃん。

Wakanaさんの背中側に虫がついていたみたいで、取ってあげるけいちゃん!男前!!

Wakana「なに?わたし虫が怖いの、本当にこわい~!いやだ~!」

頭を抱えるWakanaちゃん可愛すぎます。笑

Keiko「触るとくさいやつだ!!」

Hikaru「・・属にいうカメムシってやつですね。」

この時期はカメムシだよね~。

安定の3人です。笑

虫騒動のあとは、Wakanaちゃんの興福寺がとても美しいという話。

 美しいと思う心は、ずっと変わらない。

 美しいものをこうして作り上げる人間の力ってすごい。

そして次の曲、百火撩乱へ。

     6、百火撩乱

  7、とんぼ

  8、far on the water

        MC-3

百火撩乱のタイトルは、炎が咲き乱れる様子をイメージしているんだそうです。

普通の百花繚乱とは、火と撩の字が違っているんですね。

とんぼは、最新シングル百火撩乱のカップリング曲です。

秋のイメージの照明がとっても素敵でした。

MCでは、Hikaruちゃんが「みんな肌寒くない?」と観客を気遣ってくれます。

うん、どうみても服装的にひーちゃんが一番寒そうだよ~!!

Hikaru「みんなOK? OKか知りたかっただけ♪」

お茶目なひーちゃん!

HikaruちゃんのMCは、この世界遺産スペシャルライブをするにあたって、どんな曲を歌おうかな?と思ったという話。

 みんなが参拝しにくる場所っていうのは、人の祈りや願いが込められた、なにか景色が思い浮かぶようなパワーのある場所なんだと思う。

次の曲は、そんな、どこか景色が目に浮かぶような曲。

 皆さんもよかったら目を閉じて景色を思い浮かべながら聴いていただいてもいいなぁと思います。

そんなメッセージから次のブロックへ。

  9、sand piper

  10、Magia

  11、5月の魔法

  12 、夢の大地

  MC-4

久しぶりにsand piperも聴いたように思います。

ちょうど友人たちとライブ前の食事のときに「やがて閉ざされる蒼穹」の話をしていたので、まさにその曲が歌われて「おお~!」と嬉しくなってしまいました!

Magiaのストリングス・アレンジも本当に素敵でした!!

エエエ~エエ~♪のないバージョンで、何度かあった静寂の間に舞台のメンバーたちの呼吸が聞こえそうでした。

アレンジ次第でどんな表情にもなる梶浦さんの楽曲、本当に大好きです!

今回は、Symphonia、夢の大地、Far on the waterなどアルバムの最後の曲が多かったなぁと感じていました。

いつも、だいたいクライマックスの曲は本編もしくはアンコールの最後に披露されるのみのように思うので、スペシャルな感じだなと思っていたら、Keikoさんが次のMCでそのお話をされたんですよね。

スペシャルな場なので、それにふさわしいスペシャルなクライマックス感のある曲を詰め込んだそうです。笑

素晴らしすぎる!!

興福寺という場所と、歴史秘話ヒストリアの曲たちがマッチしていて本当に素敵でした。

そして恒例の楽器メンバー紹介。

今回は、ストリングスのメンバーに今野均さんがおられませんでした。

それにしてもストリングスってすごくかっこいいなぁ。。

チェロなんか自分にも弾けたら素敵だな~、かっこいいな~、憧れるな~!!!

KeikoちゃんのMCは歴史について。

 1300年の歴史がある興福寺も、一日一日の積み重ね。

 一歩一歩進んできた歴史が今ここにある。

 今日というこの素敵な場も、Kalafinaの歴史の一日。

 またいつか、Kalafinaの歴史の一つとして、今日のことを思い出してほしい。

そんな素敵なメッセージでした。

そして最後の曲へ。

スポンサーリンク


  13、into the world

  本編終了・アンコール

  MC-5   

  14、やさしいうた

into the worldのあと、いつものようにお礼をいって笑顔で退場していく姫たち。

会場ではわれんばかりの拍手に続き、アンコールの手拍子。

いつも退場する楽器メンバーさんたちが動かないので、アンコールはあるな、と思っていたら、またすぐに姫たちが登場。

Keiko「こういった場所でアンコールをするのはどうなのかということで、アンコールはなしにしようという話もあったけど、アンコールをいただいてしまったらどうするのか・・!?Wakanaちゃんが、衣装だけでも見せに行こうって言ってくれました」

Wakana「でもただ衣装をお見せするだけというのもなんですので・・」

ということで、アンコールは1曲。

やさしいうたで、温かな気持ちになってみなさんとお別れしたい!By Keiko

優しい笑顔で歌いきり、拍手に答えて挨拶してくれる姫たち。

色白で華奢で髪サラサラで、私と同じ人間とは思えない・・!!!

本当に素敵な3人です。

そんな感じで、あっという間だったような、穏やかな時間をゆったりすごしたような気分にもなれた1時間半でした!

Kalafinaライブレポート・感想

今までKalafinaのライブは何度も足を運んできました。

どのライブも違った表情で、毎回歌声や演出、会場も進化していくKalafina。

野外の正式なライブというのは、私は今回初めて参加しました。

※リリースイベントの屋外ミニライブは何度か参加していますが。

こんなに、世界遺産でのライブが様になるアーティストは他にいないんじゃないかなと思います。笑

ちょっと夜遅くて遠かったけど(笑、参加することができて本当によかったです!

とっても素敵で記憶に鮮明に残る体験になりました。

今度は、興福寺の拝観にも行ってみたいと思います。

次は冬のクリスマスライブ♪楽しみです!!

スポンサーリンク