アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が8月18日に公開されます!

試写会や舞台挨拶がどうなっているのか気になります。

また、映画の結末のネタバレや感想についても調べてみました!

さっそく映画「打ち上げ花火」についてくわしくみていきましょう!

スポンサーリンク


映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」とは

打ち上げ花火

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」。

タイトルが長いですが、いったいどういうお話なのでしょうか。

とある海辺の町の中学校。

夏休みの花火大会を前に、典道祐介はプールで、2人が思いを寄せるなずなの前で水泳対決し、敗れた典道は水中で不思議な玉を拾う。

典道は、再婚する母親から逃げたいなずなから駆け落ちに誘われる。

なずなが母親に連れ戻されそうになり、典道が玉を投げると再び水泳対決の真っ最中に戻る。

何度も繰り返される同じ一日の果てに2人を待つ運命は…。

引用元:http://chuchu-tsushin.com/uchiage-hanabi-3378

一言で言うと、三角関係が描かれ、時間が巻き戻る(ループ)設定ということのようです。

オムニバスドラマとして放送された作品を元にしつつ、大半がオリジナルストーリーなんだそうですよ。

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、昨年大ヒットした映画「君の名は。」を引き合いに出されることも多いようで、ヒットの予感がしています!

 アニメ原作小説はこちら↓

 

 花火大会の夜、僕たちは”かけおち”した。新たなる原点の物語はこちら↓

 

映画「打ち上げ花火」の試写会や舞台挨拶はいつ?

打ち上げ花火

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の試写会や舞台挨拶はいつなんでしょうか。

予定日は、8月9日水曜日となっているようです!

この日の試写会では、キャストが登壇しての舞台挨拶も予定されているようですよ!

メインキャストの菅田将暉さん、広瀬すずさんが登壇される可能性が高いと思います!

申込は7月末まで受け付けているようなので、まだまだ間に合いますね♪

スポンサーリンク


映画「打ち上げ花火」の結末ネタバレと感想は

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の結末はどうなるんでしょうか。

ネタバレについても調べてみました!

ドラマ版の内容については、結末は以下のようになっているみたいです。

ネタバレ~結末まで

なずなは、水泳対決に勝った祐介を花火大会に誘います。

以前からなずなに好意を寄せていた祐介ですが、いざとなって怖気づいてしまうんです。

なずなとの花火大会をすっぽかして、「花火は横から見ると、丸いのか平べったいのか」という疑問を確かめに、友人たちと灯台へ行くことになります。

この件により、なずなの「駆け落ち計画」は失敗してしまい、母親に無理やり連れ戻されることになります。

これを見ていた典道は「あの時俺が勝っていれば」と強く後悔するんですね。

その時に、時間が巻き戻り「典道が競争に勝っていたら」という世界線へと移動するんです。

駆け落ちだとは知らされていない状態で典道はなずなと連れ立ちますが、結局未遂で終わってしまうんですね。

なずなとは夜に別れますが、なずなは二学期には転校するので典道とはもう会えません。

そのあとひとりになった典道は、偶然打ち上げ花火を「下から」見ることができます。

一方、なずなの約束をすっぽかしてしまった祐介(と友人たち)は、「横から」花火を見ることができたのです。

 

ひと夏の思いでというか青春というか、切ない物語だなぁという感想を持ちました。

これはドラマ版での結末になっていますが、アニメ版とはストーリーが変わるみたいなんですね。

恐らく結末も違ったかたちになるかと思います。

でも、映画のタイトルの意味は、同じく結末に回収されることになりそうですよね。

本当に公開が楽しみで待ちきれません~!

スポンサーリンク