2017年5月3日(水)に、「Kalafina “9+ONE”」ライブ@大阪フェスティバルホールに行ってきました!

毎回のことながら今回もすごくすごくすっごくよかったです~!

特に今回は新しい演出が盛りだくさんでした!

Kalafinaのライブといえば、客層がめちゃくちゃ広く老若男女すべての種類のひとたちが集まっているのが特徴ですよね。

今回も、かなり年配の方がグループで参戦していたり、サラリーマン風のおひとり様男性、中年カップルなど本当に多種多様なひとたちが来ていました。

ライブ後にフェスティバルホールから出てきた観客たちをみても、何のイベントの参加者たちなのか全く想像できないなと個人的にはいつも思っています。笑

 Kalafina “9+ONE”ツアーグッズについての記事はこちら♪

ここから、参戦できなかった方のために”9+one”のセットリスト(セトリ)・曲順・ライブレポをかいていきたいと思います!

スポンサーリンク


Kalafina”9+one”ツアーセトリ・曲順!5月3日@フェスティバルホール大阪

Kalafina

まずは、”9+one”ツアー・スタートから6公演目、5月3日@大阪公演のセットリスト(セトリ)とMCの箇所も含めた曲順です!

  1、五月雨が過ぎた頃に

  2、misterioso

  3、Lacrimosa

  MC-1

  4、明日の景色

  5、光の旋律

  6、未来

  MC-2

  7、Oblivious

  8、storia

  9、五月の魔法

  10、consolation

  11、to the beginning

  MC-3 

  12 、春を待つ

  13、Believe

  14、インスト曲✕2(衣装チェンジ)

  15 、メルヒェン

  16、Magia

  17、Kylie

  18 、heavenly Blue

  19、One light

  MC-4

  20、into the world

  本編終了・アンコール(衣装チェンジ)

  21、音楽

  22、blaze

  MC-5 

  23、Symphonia

今回のツアーはアルバムツアーではなかったのでどんな曲をやるのかなと楽しみにしていました。

本当に、久しぶりに聴いた懐かしい曲もたくさんでした!

Kalafina”9+one” 曲順とレポート!5月3日@大阪

 

Kalafina

5月3日@大阪フェスティバルホール、本当に素敵なホールで、今まで私が参戦したライブ会場の中では、一番横に長いステージだったかなと思います。

曲順にあわせて、ライブレポートを書いていきます!

  

  1、五月雨が過ぎた頃に

  2、misterioso

  3、Lacrimosa

  MC-1

Kalafinaのライブは今までは基本的に開演したら、ovetureなどの曲が流れたりしてメンバーが静かに歩いて登場してから1曲目を歌い始めるというスタイルが多かったと思います。

一般的にアーティストのライブというと、開演時刻に消灯すると観客は一斉に立ち上がって歓声を送る、というのが思い浮かびますが、Kalafinaのライブは、消灯すると観客は座ったまま拍手を送るというスタイルなんですよね。

誰が決めたわけでもないと思いますが、それが恒例です。

まるでクラシックコンサートか何かのようなオープニングで、初めてライブ参加したときは私も驚きましたし友人を連れて行ったときは友人もとても驚いていました。笑

今回は、幕があいたら3人がステージに立っていて、しょっぱなから「五月雨が過ぎた頃に」でメンバーがステージを移動しながら観客に手拍子を促すという珍しいオープニングでした。

最初の衣装は、ちょっとアイドルちっくというか3人のスカートの部分が大きく広がったチュールドレスでした。

Wakanaがクリーム色とオレンジを基調とした膝下丈、Keikoは黒とワインレッドが基調のミニ丈、Hikaruが青と白を基調とした膝丈のスカート。

MC-1の内容は、自己紹介と今回のライブのテーマについて。

”9+ONE”というのは、「今年9周年を迎えたKalafinaと、+ONEの音楽を観客の皆さんとつくっていく」という意味だそうです!

  4、明日の景色

  5、光の旋律

  6、未来

  MC-2

明日の景色は、最近のライブでは聴けなかった曲で「懐かしいなぁ」という感じがしました。

Wakanaさんの美声がきわだつ1曲です!

MC-2は、「今日の大阪公演、粉もんパワーで頑張る♪」という内容でした。笑

地方公演の魅力の一つは、その土地々々の名産品ということで、Hikaruさんは今回は「やまもと」の牛すじ入りねぎ焼きを食べたんだそうです^^

Wakanaさんは「くくる」と「たこ八」のたこ焼きを食べたんだ~♪と嬉しそうでした。

Hikaru「皆さんは、いつも粉もんを食べているんですよね?関西の方は、お好み焼きでご飯を食べるってききました!」

いえいえ、大阪人だからって毎日のように粉もん食べてるひとはそういないと思います!笑

  7、Oblivious

  8、storia

  9、五月の魔法

  10、consolation

  11、to the beginning

  MC-3 

Obliviousとconsolation、to the beginningではホール全体が立ち上がって盛り上がりました!

Kalafinaのライブにおいては、「座って聞く曲」と「立ち上がって盛り上がる曲」があるんですよね。

立って盛り上がる曲のときも、座っている方が半分以上おられる公演もありますが、3日のフェスティバルホールは立つときはほぼ全員と言っていいくらいの人数の方が立ち上がっておられましたね。

フェスティバルホールの構造上、前の人に立たれると見えないからという理由もあるかもしれませんが(笑、3日の公演はノリのいい?観客が多くかなり盛り上がった印象でした。

声援や指笛の量もいつもよりかなり多かったように思います。

MC-3では、このパートの曲紹介をKeikoさんがされたのですが、曲名を挙げながらKeiちゃんがめっちゃエキサイティングしてたのがかわいかったです^^

Wakana「to  the beginningはアッパーチューンな曲だけど、出だしは静かな造語からはじまるでしょ?そのときに、皆さんがガタガタっと立ち上がる音が聴こえるの。それでゾワーっとする!」

Hikaru「アッパーチューンの曲でエキサイトしちゃうんだけど、曲が終わってほっとすると今までの盛り上がってた自分から『あ、自分て普通の人間だ』って思います(笑)」

3人の中でいつももっともエキサイトして踊りだしちゃうひーちゃんのスイッチオフの瞬間ですね。笑

  12 、春を待つ

  13、Believe(ビアノVer.)

  14、インスト曲✕2(衣装チェンジ)

春を待つは、2017年4月発売の最新シングル「into the world/メルヒェン」のカップリング?B面?曲です。

本当に珍しく、ハモリパートがないんですね。

しっとりとした素敵な曲です。

Believeのピアノバージョンも本当に素敵でした~。

ちょっとクリスマスライブっぽい感じの雰囲気になりましたね。

インスト曲が2曲続けて演奏され、その間に歌姫たちは衣装チェンジです!

次の衣装は、暗めの緑・紫・青などを基調とした、オリエンタルな雰囲気で3人同じ配色のものです!

デザインが違っていて、もはや定番となりつつあるWakanaが膝下スカート、Keikoがミニスカート+ロングブーツ、Hikaruがパンツスタイルですね!

ステージ後ろに天井まで届きそうなほど大きなパネルが現れました。

3人の姫たちが腕を挙げてポースを取っている姿のオブジェで、今まで使用してきたたくさんの衣装が3人のシルエットをかたどっています。

こういった演出も、今回ならではだなぁと思いました。

  15 、メルヒェン

  16、Magia

  17、Kyrie

  18 、heavenly Blue

  19、One light

  MC-4

このパートでは、新しい趣向の凝らされた演出がありました。

メルヒェンは、ジュディ・オングのような羽?のついた衣装をつけていて踊りながら袖を振りながら歌うというスタイルでした。

曲調もそうですが、まるでどこかの国の伝統芸能のような、オリエンタルな雰囲気のダンスを交えて後ろのスクリーンに3人の踊っている映像もリンクして流れるという演出でした。

Magiaでは、なんと舞台と観客の間に向こう側がみえるスクリーンが下りてきて、3人と観客の間を隔てたスクリーンに3人の歌っている姿(事前に撮られたもの)がリンクして流されたり、スクリーンに荒廃した森や草原の向こうにお城がたっている映像に、スクリーンの後ろに立った3人が浮かび上がってみえるような、すごく面白くてまるで映画かなにかを観ているような不思議な演出がありました。

Cメロでは、主旋律をうたうKeikoさんだけがスクリーンの前に出てきて造語を歌うあとの2人がスクリーンの向こうといった構図もみれました。

歌う3人のどアップがスクリーンに映し出されるわけなんですけど、これが本当に美しいんですね!!

女神か?女神様が歌っているのか?!という感じです。

またKyrieではマイクスタンドが登場しました!これも初めてじゃないでしょうか?

振り付けに両手をつかっていて、今までのKalafinaのイメージからすごく不思議な感じがしましたね。

そこからの3曲はもう観客総立ちで大盛り上がりです!

そしてひーちゃんの煽りがかっこよすぎてイケメンすぎました・・!

MC-4 では、Keiちゃん「大阪、ノリノリやなっ♪♪」

ここでバンドメンバーの紹介なんですが、今回はバイオリンが今野均さんじゃなかったんですね。

相変わらず、最後に紹介されるマニピュレーター・大平よしおさんは大人気です。(笑)

「よしお~~~!!!」の野太い大歓声。笑)そしてそれに嫉妬するKeiちゃん・・!

関西人の観客はそれをみてちょっと高めのトーンで「Keiko~~~!!!!」

けこ様「大阪のみんなほんとわかってる~!」とご満悦でした♪笑

最後の曲とのアナウンスがあり、最新シングル曲のinto the worldへ。

  20、into the world

  本編終了・アンコール(衣装チェンジ)

いつも通り、「今日は本当にありがとうございました~!!」と手を振りながら退場する姫たち。

会場が暗くなり、すぐさまアンコールの拍手を始める観客たちです。

今回は、ツアータイトルのロゴ入りのリングが入り口で配られました。

スイッチをいれると、リングのLEDライトが白く光るんです!!

アンコール1曲めの「音楽」のおなじみのイントロが流れ、また下りてきていたスクリーンにリングの絵が浮かび上がり、「SWITCH ON!!」の文字が。

スクリーンがあがって登場した3人の姫たちもリングを装着しています。

アンコールの衣装は、全員黒を基調にしたドレス

Wakanaは定番のドロップショルダーのドレスに、スカートの前が膝丈で後ろが燕尾服のように長くなっているもの。Keikoはミニスカート。Hikaruは膝丈で左サイドだけ長くなったアシンメトリーのスカートです。

  21、音楽

  22、blaze

  MC-5 

スポンサーリンク


アンコール始めの2曲は会場中の観客の装着したリングが白く光って本当にきれいで盛り上がりまくりでした~!

Kalafinaライブでこんなに腕を挙げたり振ったりする公演はこれまでなかったんじゃないかなと思います。

久しぶりに腕の上げすぎで最後の方痛くなりました。笑

MC-5は、おなじみHikaruによるグッズ紹介です!

今回は事前に何の説明もなく、急によどみなく関西弁で喋りだすひーちゃん。

Hikaruさんは、地方公演の際はその土地の言葉でMCをすることに挑戦されています。

特に関西弁は好きとのことで、去年のアリーナツアーでの神戸ワールド記念ホールのライブでは本当にびっくりするほど自然な関西弁をしゃべっておられました。笑

今回の関西弁は・・・うーんまあまあかな。笑)ところどころイントネーションがおかしいんですよね。笑

紹介したグッズはポップコーン

毎公演ちがった味のポップコーンが今回の日替わりグッズです!おもしろい!

今日のお味は、フルーツミックスとショコラ!これが一個のカップに層になっているんですね。

Hikaru「フルーツミックスはいろんな味なんですよ、当たり前ですけど!笑)ピンクはいちご、だいだいはオレンジ、紫はぶどう、黄色はパイナップルもしくはレモン」

もしくは!?笑

ひーちゃん、本当は何味か知らずに喋っていたそう。笑)

「黄色を食べた方、パイナップルだよ!これはレモンだよ!どっちでもないよ!という意見を募集中です!」だそうです^^笑

ポップコーンについているステッカーについても熱弁されていましたよ!

「このステッカーから会話が生まれるかもしれません。『このステッカー、なんかいいね!』と言われたら『Kalafinaっていうねん!ツアーのステッカーやねん!』といってKalafinaのことを広めてください^^」と!笑

帰りにグッズ売り場に立ち寄ってほしいと話をされて、「お願い、(グッズ売り場)みて~~!!」とお願いするひーちゃん、かわいすぎます。笑

Keiko「大阪は、いつもはツアーのスタート地になることも多いですしとてもノリよくついてきてくれるので、本当に大阪のみなさんとはツアーを一緒に作り上げていく感覚があります!」

他の地方は東京公演しか行ったことがないですが、そう言われてみたら東京よりも大阪公演のほうが盛り上がる率が高いような気もします。

  23、Symphonia

そして本当に最後の曲はSymphoniaです!

これも懐かしい・・!

最後バンドメンバーさんが退場したあと、いつものごとくたくさん時間をかけて最後のあいさつをしてくれる姫3人。

ほんとにかわいいし美人だし髪がサラサラです!!笑

こんな感じで、本当に盛りだくさんな約2時間半でした!

Kalafinaライブレポート・感想

今までKalafinaのライブは何度も足を運んできました。

私が初めてKalafinaのライブに参加したのは、「Kalafina LIVE 2010 “輝く空 の静寂には”」ツアーだったんです。

友人のすすめでKalafinaに出会って、わりとすぐにライブに参加したんですが、本当に感動してしまってそこからドハマリし、気づいたら開催されるツアーのうちの1公演にはほとんど毎回参加しています。

NHK大阪ホールなどの1day公演を経て、2年前の日本武道館2daysや北海道・岡山といった公演地が増えたりするのも一緒にみてきました。と勝手に思っています。笑

ライブレポートや感想をブログに書くのは初めてですが、やっぱり本当に私はKalafinaが好きだな~!と再確認しました。

次のツアーも必ず参加したいと思います!

そしてこれからもずーっとKalafinaを応援します♪

スポンサーリンク