今期のフジテレビ系列で月曜21:00より放送中で、嵐の相葉雅紀さん主演のドラマ「貴族探偵」がいろいろと話題になっているようです。

 貴族探偵・美人鑑識役の田中道子についての記事はこちら♪

当初から、脇を固める豪華な出演者陣も話題になっていた、月9枠のドラマ、貴族探偵。

なんでも、「相葉雅紀さんが貴族役とはミスキャストである」というものから「演技力がなく下手すぎる!」という話まで出ているそうです。

いったいどういうことなんでしょうか。

さっそく、相葉雅紀さんについて画像もふくめてくわしくみていきましょう!

スポンサーリンク


相葉雅紀のプロフィール

相葉雅紀

名前     相葉雅紀(あいばまさき)

生年月日   1982年12月24日

身長     176cm

出身地    千葉県千葉市

所属     ジャニーズ事務所

職業     歌手、俳優、タレント、司会者、嵐のメンバー

 

私はむかし嵐のメンバーの大ファンで、嵐がメジャーデビューするときに代々木体育館で行われた、嵐デビュー記念の握手会に行ったんです。

嵐のメンバーが会場入りしてきたときには、本気で東京全体が揺れたんじゃないかくらいの地鳴りのような悲鳴が朝方の原宿の空に響き渡って、その衝撃が今でも忘れられません。笑

大野さんと、松本さんと、二宮さんと握手して一言ことばを交わした思い出があるんですが、今となっては考えられないし本当にあり得ない状況のイベントだったなと思います。笑

相葉雅紀は演技力がない?下手すぎる?画像も!

相葉雅紀さん、ドラマ貴族探偵の主役で、貴族の役柄なんですよね。

相葉雅紀

引用元:貴族探偵公式ホームページ

相葉雅紀さんについては、もともと「ものすごく演技が上手!!」というタイプではないかなと思います。

今回は貴族役ということで、今までの相葉雅紀さんが演じていた役のように喜怒哀楽が少ないキャラクターであることが、相葉雅紀さんの演技が下手すぎると言われてしまう原因ではないかなと思いました。

たとえばオーバーなアクションとか、驚いたり怒ったりするシーンがであれば割とやりようがあるように思いますが、あまり感情の起伏のない役だと無表情になりがちですし「棒読み感」が出やすくなるんじゃないかな~と。

そう考えると、昨年のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」で貴族的な役を演じた織田裕二さんの演技は、はじめはおかしな喋り方だと批判もありましたが、貴族然とした演技ですごく上手だったんだなと思えますよね。笑

相葉雅紀は貴族探偵を演じるにはミスキャスト?

スポンサーリンク


相葉雅紀さんは、今回の貴族探偵の主役にはミスキャストだったのでしょうか。

相葉雅紀さん演じる主人公の設定は、年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明で自分自身を「貴族」と名乗り、探偵を趣味にしている青年です。

身なりは瀟洒で紳士的、権威と頓着することもなく、常に泰然としているという設定とのこと。

こういった人物の設定自体が、相葉雅紀さんと合わないという意味でミスキャストだと言われているようなんですね。

相葉雅紀さんといえば嵐の中で最も親しみやすいイメージで、志村動物園などでみせるほのぼのとした雰囲気と誰にでも好かれるちょっと天然で、まるで子犬みたいにかわいらしいキャラクターが人気ですよね。

そういったキャラクターとしてお茶の間に浸透している相葉雅紀さんが悠然とした貴族を演じるというのがちぐはぐな感じがする、ということのようです。

確かに、自身を貴族と称する謎めいた男性であれば、嵐の中でも松本潤さんや櫻井翔さんのほうがしっくりくるような気もします。

またドラマのなかでも貴族風の衣装を纏っている相葉雅紀さんですが、「衣装が学芸会にしか見えない」などの手厳しい意見まであるようです。

私は、相葉雅紀さんに貴族の衣装は似合っていると思ったのですが、どうでしょうか。

第2話の視聴率は2桁を切ってしまったみたいなんですが、今後のお話の展開によってはおもしろくなってくるかもしれません!

相葉雅紀さんを応援していきたいと思います!

スポンサーリンク